読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

スマスマ最終回を見た

スマスマ最終回を最初から最後まで見ました。久々にテレビってもんをガッツリ見た気がします。

今回は名場面集ということでしたので全て過去に見たことのあるVTRばかりでしたし、総集編に出てくるだろうとほぼ予想していた内容でしたので、それを裏切らない納得の仕上がりとなっていました。

特に新しい発見は無かったのですが、やっぱり名場面は何度見ても良いものですね。

では気になったところだけ幾つか。

 

1. 稲垣の騒動について思ったよりも深く掘り下げていたこと。逆に草彅の騒動についてはさっぱりと終わったこと。

稲垣の件にあそこまで時間かける必要あったのかな。事件の説明後にすぐに復帰のスタジオの映像になるかと思いきや、事件の内容をこと細かく説明していて「もういいんじゃないのか」と見てて思った。

その割には草彅のはわりとさっぱり終わって「あれ?」って感じ。

どっちも草彅のくらいのライトな編集で良かったと思う。

 

2. 草彅の復帰のステージにおいて吾郎ちゃんがイジられるところが本当はあったのだが、そこは今回はカットされていたので放送されても良かったのではないかなと思った。

「草彅にうなぎを差し入れて云々」の話です。ぜひ、動画サイトで見てみてください。

 

3. 大阪5人旅のカラオケのBEST FRIENDあたりで中居が「100人が襲ってきてもSMAPを守れる」みたいなことを言っていたシーンが元々あったけど、それも今回はカットされていた。まぁでもそこは想定内かな。でも凄く良いシーンなのでそれも動画サイトとかで見てみてほしいです。

 

 

・・・そして最後の「世界にひとつだけの花」

普通にシングルバージョンでしたね。個人的にアルバムバージョンの方が歌い分けがすきなのでそっちを期待していましたが、普通に考えてシングルバージョンですよね。

 

SMAPほど歌が下手で売れた歌手って未だかつていたのでしょうか(良い意味で)

日本は世界的に見ても、歌手に歌の上手さを求めていない国だと思います。自分もそうですし、上手さとかどうでもいいと思います。全体的なバランスというか、理屈じゃなくてグッとくるのが歌ですよね。

そういう観点からもSMAPはパイオニアだったんですよね。

 

歌って改めて、上手さじゃなくて気持ちなんだなと思いました。(下手でも成り立つのがSMAPの凄さなのかもしれませんが。SMAPじゃなかったらただの下手な人になってしまうかもしれないですし) 

木村:少しずらした歌い方のアレンジに色んな批判もありますが、それはそれで彼の良さということで。

稲垣:ヒステリックな面(ジェットコースターの手鏡事件とか)を持ちつつも、ああいう場面で平常心を保てるメンタルですよね。ブレない個性が素晴らしいと思います。

草彅:1月の謝罪会見で見せた反骨心こそが彼の男気ですが、この日は歌に専念。

香取:実は香取は本当に歌が好きなんですよね。これが最後の自分のパートなのだと、自分のパートの瞬間瞬間を噛み締めるように歌いきっていたのがとても印象的でした。

 

そしてクライマックスはなんと言っても中居さんの

1・2・3・4・5・バイバイ

でしょう。

この1秒に全てが込められていました。言葉で伝えることを許されなかった彼らの、唯一の方法がこの1秒だったのでしょう。

 

あの無言のメッセージの受け取り方は人それぞれですし、視聴者各々が受け取りたいように受け取ればいい、というそれこそが中居さんの手法ですが、自分の頭には

「また会う日まで」

というフレーズが、あの手を見た瞬間に浮かびました。

 

それまでは再結成なんて自分の頭には一切浮かんだことはありませんでしたが、あの指の動きを見たときに「中居さんはそういうことも視野に入れてるんだな」と感じてちょっと嬉しかったのと、さすがだなぁと感心してしまいました。

もしかしたらただのバイバイだったのかもしれませんし、そんなに深い意味もなかったのかもしれません。自分でもなんであれを見たときに「それじゃまたね」的な意味を感じたのか分かりません。でもなんかあったかい不思議な気持ちになりました。

 

そしてその後すぐ思ったのが、「あれ?あのモーションは事務所の検閲に引っかからなかったのかな?」ということでした。

カメラも前もって中居さんの手を撮すことを準備していましたし、あれはスタッフとの打ち合わせで予め決まっていたと思われます。

ということはSMAPとスタッフの色んなメッセージが込められていたということですよね。それは今までの感謝かもしれませんし、もしくは精一杯の抵抗だったのかもしれませんし、本当に色々なメッセージの全てでしょう。

 

検閲をスルーできそうな(振付の一部とも取れる)レベルでの一瞬のモーションの中に高いメッセージ性を秘めていて、ニクい演出でした。

 

そして自分はあの指のメッセージの瞬間で泣きそうになりました。(我慢しましたが)

なんかあんまり直視もできなかったですし、こんなに沢山の人に惜しまれての解散も逆に考えたら幸せなことかもしれません。売れないから解散するグループなんて世界にいくらでもあるわけですから。

そういうわけで解散はもちろん残念なことだけど、ある意味で良いタイミングだったのかもしれないと思っています。

何かが終わるとき、何かが始まるのがこの世の常です。

 

5人様! 長い間、SMAPという夢を見させてくれてありがとう!

 

 

怖いブログを見つけた

少年倶楽部クリスマススペシャルを(早送りで)見たのだが、特に見所も無かったので感想なし。

スノーマンは怖いもの見たさで気になったけどそれも早送り。

 

昨今のジャニーズJrの評判はいかがなものかとブログを色々探していたところ、2件だけ目にとまるブログを発見した。リンクは貼りませんが。

 

片方はとてもよく研究されてるブログで、後ろの方のジャニーズJrまで調査していて感心した。ジャニーズJrのことが全員好きなんだな、ってことが伝わってきた。逆に嫌いなJrとかいないんだな、とも思ってそこは少し物足りなかったけど。

 

もう片方は物凄く平野推しだった。狂気を感じた。

ところどころで平野のファンやめるだの、別の誰かを応援するだの言ってるわりには結局平野のことばっか書いていて(ってゆーか勝手に他のやつ応援してろよ)、挙句の果てには平野は自分のブログを見てますとか言い出す始末で、こりゃやべーわ、と思った。

 

見てねーよ。

 

何かの間違いで本人が見ちゃったとしても一瞬で素通りするレベルだと思うし。

ファン辞めたきゃ黙って勝手にやめれば、って感じだし。

しかもなんか知らんけど書いてあることは自分の自慢ばっかで、要約したら1割くらいにできるんじゃないかってほどのペラペラな内容で、ってことで面倒くさくなって読むのを途中でやめた。

 

あれが炎上商法ってやつなんかな。

 

平野はセンターってよりは影の実力者ポジのほうが生きると思う。

あんまゴリ推しすると逆に天然が目立ってしまうし、しかも有能なツッコミがいないと微妙だから調理方法間違ったら「もったいないキャラ」になってしまう。

センターは廉のほうが良いと思います。

 

自分的にはデビューを見るとしたら永瀬廉しか興味ないです(今は)。

でも最近は以前のような透明感がなくなってきたので今後どうなることやら・・。

 

 

HYDEのDEPARTURESについて語る

昨日、年末恒例のMステスーパーライブがありました。

 

自分の中で一番の目玉は、というか唯一見たかったのはタイトルにある小室哲哉HYDEDEPARTURESでしたので、忘れず録画して見ました。

 

CD音源はすでに聴いていたので素晴らしいことは分かっていましたが、ライブバージョンは今回が初めてで、見た感想は

ただただ最高!でした。

音楽を聴いて身体中から鳥肌立ったのは何年ぶりだろう・・・。

 

始まる前は単にCD音源と同じものを2人が演奏するだけと思っていましたが、いざ始まってみるとライブ特別バージョン(半音キー下げ)で、オルガンを織り交ぜた音色と、最後のフェイクもライブオリジナルで、期待値を完全に突き抜けていました。 

背景の装飾を寒色に統一して、さらにはHYDEの冬服といい、目にも耳にもとにかく美しいステージで、改めてテレビができること、音楽の持つ力を感じて、ただただひたすら心地の良い4分間でした(興奮してうまく文章にできない・・)。

その後何回も何回も何回もリピートして見ました。

 

 

色々あったけど小室さんには幸せになってほしいです。

 

この人の奏でる音楽は尋常ではないんです。常人ではないんです。

自分の拙い文章では到底素晴らしさを表現できないのですが、ものすごく端的に言うとキャッチーでありながらシリアルさを含めていて、そのバランスが本当に絶妙なんです。そして歌詞も素晴らしい。

自分は今まで小室哲哉の音楽にどれだけ助けられてきただろう。

 

新たに作曲をするのももちろん良いけれど、過去に作った名曲たちをこうやって色んなアーティストに新たに息吹を吹き込んでもらうのもさらに良いですね。

 名曲は色褪せない。ただの流行曲じゃなかったんだ。

 

そしてDEPARTURESHYDEで良かった。女性ボーカルだったらどうしてもKEIKOの実績と比較されてしまうから。今回はHYDEの良さを生かしつつ、この曲の持つ本来の味を邪魔しない出来になっています。

・・・とは言いつつ今後も別のボーカルで聴いてみたい気もします。

動画サイトに華原のバージョンもありますが自分はどのバージョンも全て好きです。

 

結局この曲が好きなのだから誰が歌っても自分は好きかもしれない。

ありとあらゆるアーティストが本人なりのアレンジで歌ってほしいくらいだ。

それくらい小室哲哉の才能に驚嘆している。

こんな美しいメロディーと歌詞を届けられる人間がいるなんて、小室哲哉は凄いです。

そしてこんな美しいステージを提供してくれた昨日の関係者の方々にも感謝です。

 

その後も感動褪めやらず、このDEPARTURESについてググってみたら意外にも「イマイチ」みたいな感想もありました。人それぞれ感じるものが違いますもんね。

でも自分はこのステージの威力を感じることができる自分で良かったです。

 

小室さん、HYDEさん、ありがとう!!

 

 

笑顔について語る

「良いことがあるから笑顔になるのではなくて、笑顔でいれば良いことがある」と聞く。

根拠は無いけど、自分もなんとなくそんな感じがしていたのでそうすることにしていた。

 

でも、別に楽しくもないのに笑顔でいることに逆に疲れて、結局やめた。

楽しくもないのに楽しいフリをしていると、そのギャップで余計疲れるのである。

 

面白くもないのに笑えっかよ。無理して笑ってたら疲れるわ。

 

でも他人といるときは基本的に笑顔でいるようにしている。

単に嫌われたくないだけなのかもしれないけど、特に無愛想にする必要もないからである。

というか社会の場で無愛想な人が自分は苦手であり、そういう人間になりたくないから、というのもある。

 

無愛想な人を相手にすると、「こっちだっておまえと話したくて話してんじゃねーよ。仕事だから仕方なく話してんだよ」と心の中で思ってしまう。

だから、自分はそう思われたくないだけなのかもしれない。

 

・・そしてさらにこの話には続きがある。

 

そういう理由で、会社の中でもわりと笑顔でいることにしていた。

そうすると「アイツの仕事はまだまだ大変じゃないようだな」みたいな受け取られ方をするんです。まだまだ余裕があるから笑顔でいれるのだ、と。

だからもっともっと仕事をアイツに割り振ってしまえ・・と。そうして仕事が次々と自分のもとへ。

 

現に、暗い顔してるときの方がそんなに仕事振られません。アイツもうそろそろ限界だな、と思われるみたいです。

自分的には「どうせ同じ仕事やるなら笑顔でやりたい」と思っていただけなのですが。

 

だから会社でも笑顔でいないことにしました。

笑顔でいるよりも暗い顔してるくらいの方が「仕事頑張ってるな」って周りが思ってくれるみたいです。

 

・・・この世界、何かがおかしい (T_T)

 

 

よびすて(歌詞)の疑問

「よびすて」良い曲と思う。「僕は君のすべてになりたい」に少し似ている曲調ですよね。

 

だが、よびすて(歌詞)に疑問がある。

悲しげなメロディーで恋愛系なので「別れ」とかそういう類の歌詞の内容なのかと思ってたけど、よくよく聞いてみたらこの歌のストーリーって実はただのノロケですよね。

 

♪君の名前よびすてで呼んでみた瞬間は時間が止まったよ♪(・・うんうん分かるよ、初めて呼び捨てするときって緊張するよね。)

 

♪もしここでぎゅっと抱きしめたなら僕らどうなるんだろう♪(・・は? 別にどうもならないと思いますけど。)

 

話をまとめますと、恋人を呼び捨てすることに対して臆病だった人のただのノロケ話、つまりそれを我々は聴かされているということでよろしいですかね。

 

それにしては大袈裟なメロディーな気がします。

 でもそういうこと言うのは野暮ってもんですかね。

 

 

SMAPが売れ始めたばかりの頃

今のジャニーズを取り巻く環境は、SMAP出現の前と後でかなり異なると思う。

 

SMAPが世間に浸透するまでは、やっぱりジャニーズ=色物(というかtheアイドル)という見方が大半だったように思う。

SMAPがヒット曲を次々と出しテレビでも人気者になっていくにつれて、ジャニーズはアイドルであると同時にタレント、という見方になっていった。

 

SMAPがテレビによく出始めた頃のことで強く印象に残っていることがある。

中居をテレビで見て「へぇ〜この人ってSMAPなんだ」

木村をテレビで見て「へぇ〜この人もSMAPなんだ」

稲垣をテレビで見て「え、この人もSMAPなの?」

草彅をテレビで見て「またSMAPの人だ」

香取をテレビで見て「また?・・っていうかSMAPって一体何人グループなんだよ。最近テレビでよく見る人たちってほとんどSMAPなのかよ」

・・と思った記憶がある。

つまり、グループよりもメンバーを先に知るという、今とは逆の現象だったのである。

 

今では通常自己紹介のとき「グループ名〇〇の△△です、よろしくお願いします」、みたいな感じじゃないですか。

それくらいにSMAPは下積みというか、個人から売れていって結果的にグループ全体が有名になっていったという印象。

  

その事務所の功労者が今ではこんな扱いとはね・・。

 

今のジャニーズJrにはそういうのは無いと思う。(でも無いのがダメとか悪いとか言ってるわけじゃない) 

ジャニーズJrにいたとしても世間が放っておかない存在だったのは、タッキー、山P、勝利くらいだったと思う。この人たちを最初見たとき、透明感に驚愕したし。

 

 

Sexy Zoneというネーミングになった経緯

ABC-Zっていうのがあるじゃないですか?

 

以前そこにメンバーを数人加えてABC-xyZにしようとしてたんだけど、途中でその話が無くなってそのままSexy Zoneだけが残ったという話。

 

Sexy Zoneのxyだけが赤文字なのはABC-Zに加入予定だったから。そしてその赤担当っていうのが当時のケンティーと菊池さん。だからデビュー曲時の衣装が二人だけ赤。

 

だから別にSexyでもZoneでもある必要は本当は無くて、ただ単にxyZという並びの単語があればよかっただけです。

でもxyという綴りを含んだ単語なんて一般的にSexyくらいしかないし、Sexyの後につくZから始まる単語に関してはZoneとかZoomとかZeroとかそれくらいしかなくて、結局Zoneになったというわけ。

と言うことは「Garaxy Zero」とかになる可能性もあったわけであります。(なんだこの変なスマホみたいな名前)

 

 

でもな〜、ABC-Zって自分的にはABC-xyZのほうがいいんじゃないかな、って気もするな〜。

もう二人くらい足した方が良いよ。今の5人だと上限が見えてる。売れたいなら追加した方が良い。歌うまを前列3人にしてダンス派を後列4人にするとかにして。

 

でも菊池さんはともかくケンティーは違うな。橋本と競合しそう。あくまで主役は橋本でいったほうがいい。グループの歴史ってもんがあるし。

あと一人誰がいいだろう。

 

昔、山下翔央がABCに一瞬だけいたけど、そのまま翔央も加えて6人の方がまだ良かった気する。ABC-Zはとにかく華がなさすぎる。(disってませんよ。disってませんから〜)

売れたいなら、ABCを後ろにして前に何人か置く格差方式じゃないとさ、ABCは裏方感凄いからさ。裏方が大事なのは自分も重々承知なのですがね。

でも売れる売れないはそれとは別問題だし。

 

ま、周りが騒ぐことじゃないんだけどね。