雨レインボー

ジャニーズについて語っていたこともある

この世界が生きやすいわけがない

もし今、死にたいくらいに辛いと思っている人がいるとして、その理由は人それぞれあるだろうけれども、そういった要素を極限まで少なくするのが本来は政治の役割である。

 

しかし今の日本では、とりわけ若者に対してはそういった配慮は微塵も感じられない。若者に限らず、生きにくいと思っている人がいるとしたらそれは至極当然であり正常な感覚である。

 

こんな巨大な八百長世界ではそりゃ全員無気力にもなるさ。今の日本で夢を追いかけるなんてくだらないしバカげている。やるだけ馬鹿馬鹿しいもの。

 

なりたい職業1位が公務員なのも頷ける。誰だって景気に左右されたくないし仕事にやりがいなんて幻想。だったら現実的に公務員でしょ、こうなって当然。

だがこれでいいのか? 日本!

 

カネの仕組みに切り込む勇気のある国会議員など今や1人もいない。マスコミにも皆無。皆ビビって表面的なことしか言わない。だから心に響かない。

 

 

エルサレムを首都にする目的

アメリカがエルサレムを首都であると宣言した。これは以前からトランプの公約であり達成されたことになる。

だが首都がどこであるかなど他国からとやかく言われることではないし、アメリカがそのような宣言をしたところでなんの意味があるのかと思う人も多いと思う。

なぜわざわざこんな一見どうでもいいような宣言をしたのか?

 

これは聖書の預言を着々と実行している、と思われる。

 

自分はあまり聖書に詳しくはないが、世界の歴史の大まかな流れは聖書の預言を忠実に再現している連中が決めていることは知っている。彼らになんの見返りがあってそんなことをしているのかは知らないし宗教観の薄い日本人には到底理解しがたいことではあるが実際にそうなのである。

 

そうなると現実味を帯びてくるのが、第三神殿、の建設である。第三神殿とは、、、ググってください。

 

エルサレムにここまでの執着を見せるということは、第三神殿建設の計画は秘密裏に進んでいるだろうしそれを面白くないと思う一派も当然いるわけで、聖書の預言書をそのまま信じるのであれば艱難時代の到来、いやもうすでに到来していて我々はその中にあるのかもしれない。

 

いつも言っていることであるが我々は日々の労働を通じて、そういった第三神殿建設などに遠回しながらも手を貸しているのである。わけもわからず毎日させられている労働はこういった大いなる目的のためなのである。奴隷は目の前の(どうでもいい)仕事を片付けることに精一杯であるが、それは蟻が人間の思惑を知る由もないことと同じである。

 

しかし多くの日本人を見ていると最近は、奴隷、であることを受け入れているのではないかと思うこともある。奴隷というのはある意味において気楽な立場であるのも間違いないからである。難しいことは考えなくていいし疑問に対して立ち向かう必要もなく、ただただ命令された通りに物事をこなせばいい。

 

奴隷はただ命令されたことにひと工夫を加えるだけでなんとなく意味のあることをしていると錯覚し満足を得る。だが世界はもっと大きな思惑の中で動いており奴隷たちはそれを知ることもない。もしかしたら知ったとしてももう何も思わないのかもしれない。

それくらいに奴隷根性が定着しているからである。 

 

ド「それがどうしたの? それってなにか儲かる話なの?」

 

どうして税金を疑わないのか?

世間では、生きていくのがつらい、毎日の仕事がつらい、人間関係がつらい、税金の支払いがつらい、などなどの不満がある。親ムカつく、子供ムカつく、会社ムカつく、上司ムカつく、教師ムカつく、にもかかわらずどうしてその不満を政治にぶつけないのか。税金に疑問を持たないのか?文句を言うわりにその原因を突き止めない理由はなぜ?

まさか本当に今の世の中が自然の成り行きでこのようなことになっているとでも?

 

自分の努力が足りなかったから今の自分が苦労しているなどと考える人がたまにいるが、そういうのは謙虚とは言わない。ただの無知である。

 

こんなに苦しくても毎日けなげに働くオレ、アタシ頑張ってる。。はっきり言ってバカである。その労働のほとんどは労働のための労働。今の日本の社会では仕事をするために仕事を作っているのである。ムダなことばっかりしている。ムダな資料作成、ムダな書類の処理。法律に法律を重ね、ツギハギでワケわからなくなっている。

AIが発達したら人間の仕事を奪われるなどという議論がある。奪われればいい。なぜ人間が労働しないといけないと洗脳されているのか。

 

金融構造がおかしいから全てがおかしなことになっているという根本に、どうしていつまでたっても到達できない大人がいるのか。学校で教えてくれないから?テレビで言っていないから?

 

言うわけない。支配している側がなんでわざわざ教える必要がある?

詐欺師がわざわざ手の内を公開するわけがない。1億総お花畑である。

 

 

 

民主主義と独裁政治

一般的に民主主義は市民寄りで独裁政治は悪というイメージがあるが果たして本当にそうなのだろうか?

 

政治、とくに国政というのは高い精神性の持ち主のごく限られたメンバーによって任されるべきものと自分は思う。名ばかりの民主主義の選挙で下手にバカ議員を量産すると、決まるものも決まらないしカネでどうにでも動かされる連中がはびこり収拾がつかない。

 

政治とは、己を捧げる精神で国のために実行できる数少ない独裁者たちによって行われるほうがもしかしたら国民は幸せなのかもしれない。本当はそのような政治家を選挙で当選させることができれば何の問題もないのだが。

多くの市民は政治についてよく知りもしないし興味もないわけで、そのような政治を知らない人々が選挙で政治家を選んだところでどうしようもない結果になるのは目に見えている。選挙に行って自分たちで選んだという自己満足でしかない。

 

今の日本は国家としての目標もない。目標がないから覇気もない。それでいて1億総活躍とか言っているのだから相当頭おかしい。そんな頭おかしい連中がこの国のトップ。

目標のない国において人々はカネを目標と勘違いしそれを求めて彷徨う羽目になる。そうなるとカネを握られてしまえば家畜同然となる。人々は自分たちで考える力を失う。

 

政治家が市民に投票をお願いしている場面はテレビではお馴染みだが、それは政治家の選出としては崩壊している。本来はその逆で、市民の中から相応しい政治家気質の人間を選出し、その人が仕方なく政治をやるのがあるべき姿と思う。候補者はあくまで依頼される側でなければならない。候補者側が市民に依頼してどうする。。。

 

だが、グローバリズムは独裁を許さない。リビアカダフィもそれによって殺された。

 

大東亜戦争突入の理由は石油輸入のストップだとか色々言われているが、結局のところ

世界中を植民地化したいヨーロッパ集団と日本が戦っただけなのではないだろうか。

 

カネを握れば軍隊を握り、軍隊を握れば国家を握る。

そして国民はあくせくと働き、飯をむさぼり、セックスに明け暮れ、やがて死ぬ機械と成り果てるが、機械は機械であることも気づかないのである。

 

だが見方を変えれば、今の時代はカネの出所を握った連中に独裁されているとも言える。

 

地元に多くの税金を運んでこれる政治家

地元に多くの税金を運んでくる政治家というのは選挙において投票される大きな動機になりうる。そしてそれが有能であると評価されることもある。

 

だがそれは負のループである。愚民はそのことに気づかない。せっせと働いたぶんを吸い取られてその少しを政治家に持って帰ってもらっているだけだというのに。そんなことではその構造からは永遠に抜け出せない。

 

働けば働くほど誰かの養分になっているというのに、ひたすら真面目に働くことが美徳とされている。しかしその美徳も作られた美徳である。 

まったくバカである。こんなことをいつまで続けているのだろう。おかしいことは分かっているのに本当に変わらないものである。

 

カネの定義と仕事の定義を洗脳してしまえば、人間は家畜同然だ。

 

 

 

今回の相撲の事件は日本の縮図である

今回の一連の相撲事件を通して、日本も世界もこのような組織で溢れかえっているのだということを強く思った。形や規模は違えどどこにでもあるし、もしかしたらそれしかないのかもしれない。

我々はみな相撲協会のようなものに属しており、個人個人は善良であったとしても組織の中では抵抗できないほど無力であり、結果的に見て見ぬ振りをしたり悪に加担したりすることになる。そうしないと生きていけないからである。それがこの世界の処世術であり、カネ稼ぎの要領を磨けば磨くほど生きやすい人生となるのである。

 

だがそんなカネ稼ぎの賢さやズル賢さを磨いたところで、何になるというのだろう。。。カネってなに?

そんなものを磨くために我々は生まれてきたのであろうか。。。カネが存在しなかったらどのような世界になるのだろうか。。。

 

悲しきかな正義の成立しない世界。問題の根本はどこにあるのだろう。

カネ? 支配構造? それとも?

 

北朝鮮漁船が次々と漂着してる件

タイトルのとおり、北朝鮮の漁船が日本海側に毎日のように来ている。だが当然のことながら漁船なわけがない。

 

工作員が日本に日常的に潜入しに来ているのは年間通じて珍しいことではないだろうけど、こんなに連日来るというのはそうそうあることではないだろう。

 

いまいち拿捕しないで逃しているところを見ると日本側に内通者がいるのだろうし(拉致のときもそうだったわけで)、そんなことは日常茶飯事。警察なんてカネ積めば見逃しや情報漏洩くらいなんとでもなる。

 

気になるのは何の目的でそんなに沢山のスパイが必要なのか?ということ。

あたりまえのことながら目的が無ければボロ船で日本に来たりしない。

 

バイオテロ? サリン事件? 用心されたし。