読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

Sexy ZoneのSexy Zone(詞)について語る

突然ですが、Sexy Zoneで好きなシングル曲ランキング

1.  Sexy Zone

2.  Ladyダイヤモンド

3.  バイバイDuバイ・甘いガールフレンド

4.  King & Queen & Joker

 

・・・そう、これらの曲全てに共通することは「歌の内容が意味不明」であること。何を言いたいのかも、何を言っているのかも分からない。つまりさっぱりワケわからないのである。

・・・だがそこがいい。

大体、世の中の全ての曲に意味なんて無いのである。いや、世の中自体に意味なんてないのかもしれない(急になんなの

 

 (逆にほとんど聴いたことないランキング)

1.  ゴーゴーゴーリオリオリオみたいなやつ

2.  おーとーこー連呼するやつ

3.  チャチャチャチャンピオン

(・・・なんだこの意味不明な曲たちは。知らんな。)

 

・・で、一番好きな「Sexy Zone」について語ろうと思う。

 

この曲の制作にあたって、依頼側から作詞側への要求として

1.  「Sexy Zone」という言葉を入れる

2.  「回ってる」という言葉をサビに入れる

3.  「世界」や「地球」をテーマにする

の3つがありました。

まず、1.に関しては当たり前として、2.の「回ってる」は、バックダンサーのJrに高橋颯がいたからであり、彼のヘッドスピンがサビの最中におこなわれることは予め決定していたからであります。

3.の世界とか地球をイメージするっていうのはマリウスがいたから、その理由付け的なことであります。(でもこれはマリと歌詞のどっちが先か分からない。タマゴが先かニワトリが先かも分からないし。でもたぶんマリが先。)

 

ま、勝手な妄想ですけど。

 

そしてこのボーイソプラノの楽曲を完成させるべくメインボーカルとして選ばれたのが聡。マリもだけど、マリは当時日本語がイマイチだったため、聡ありき。

つまりこの曲は聡なしではありえなかった。

当時のJrには聡の他にも声が高い&歌の上手いメンバーはいたのだが、全体的なバランスや性格の面から聡くんが選ばれました。

聡くんは子供ながらも言動に安定感がありましたからね。

 

自分は現在の低いキーのバージョンのSexy Zoneも大人っぽくて好きでございます。

高い方が聴きたいときはCDで聴けばいいわけですし。

 

そういえばこのSexy Zoneて曲は年長組と年少組で歌割りが異なるんだけど、唯一の年中組である勝利だけは最初から最後まで歌いっぱなしなんですよね。

 

だから一番息切れしちゃうよね。・・でもある意味一番サボれるか(ボソッ

 

Sexy Zoneの名前の由来については今度書くかもしれない。