雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

カミセンとAre you ready tonight?について語る

自分はカミセン大好きである。

「神旋」「神選」「神船」「神扇」「神仙」とでも書きたいくらい好きである。

理由は、放っといても面白いからである(お前、そればっかだな)。

 

その昔、「オトセン」ていう番組がありましてね、なんか分からんけど凄い面白かった。ちびっこギャングの二人がとにかく自由勝手で、それを緩和する岡田という組み合わせが。

やっぱ森田と三宅はいつまでも悪ガキでいるのが一番ですね(あくまでもキャラですからね。本当はどちらも真面目な人たちですから。)

 

カミセンの曲には実は良曲が多くて、(アレンジが不十分もしくは微妙で楽曲本来の全力を発揮できてないものも割とあるけど)自分は大好きなのであるが、今回はカミセンの良さを歴代で最も引き出してくれた曲であるAre you ready tonight?という曲について書く。

 

この曲は久々のカミセンコンサートが開催されるにあたって書かれた(であろう)曲であります。

 最初は何も知らずに「普通にええ名曲やな〜」と思って何回も聴いてたんだけど、この曲の制作者がスケボーキングのシゲオと知って「え、そこに依頼行くんだ」と良い意味で驚いたのと同時に「あ〜なるほど確かにね」という感想だった。

 

誰がどういういきさつで決めたんだろう。曲を書いたシゲオはもちろんスバラシイけど、書いてくれとお願いした人もスンバラシイですよ。 

そこに依頼をした、っていう目の付け所感が秀逸なわけです。それは何か理由があってシゲオだったのか、それともたまたまシゲオだったのか。

 

シゲオはラッパーなんだけど、あえて高い変な声で歌うっていうラッパーなんですよね。

ラップっていうと通常、あえて低い声で怖い感じにして、ジャラジャラネックレス付けて周りを威圧して、ちょっと大きめの黒系の服着たりして、俺強いです、みたいな、おまえは誰と戦っているんだ的な感じで、大体イメージは間違いないと思う。(disってません。ラップとはそういうものです)

 

んでもって、森田と三宅は声がキャラメル。

キャラメルは1個だとおいしいけど、2個だとちょっとクドいかな程度。

だから、どういうサウンドの類や歌い分けにすれば2個のキャラメルを同時に食べても美味しく頂けるかってのを熟知しているシゲオに楽曲を依頼する、っていうのは理屈が通っているわけですよ。

 

実際、完成した曲は見事にカミセンと曲とがガッチリ噛み合った大正解になっておりまして。

これCDで音だけ聴くよりもコンサートDVDバージョンのAre you ready tonight?の方が目と耳で楽しめるからさらにカッコいいんだよね。コンサートの映像付きだとさらに映える作品ていうか。 しかもあのコンサート時のキューブ型の演出考えたのって岡田ですからね。

自分はDVDでこれを何回も見まくったからこの曲が脳内再生されるときは映像も再生されます。

 

あんな素晴らしい映像を岡田が考えた、って聞いて自分ビックリしましたよ、その才能に。岡田、なんでもできるな、っていう。

自分的にはどっちかっていうと森田とか三宅が発案しそうなイメージなんですよね。少し変化球寄りというか。実は岡田だったと聞いて、岡田センス良すぎだろ、っていう。

(しかもこの曲がコンサート1曲目なんだけど、これを1曲目にするのもセンス良いんだよなぁ)

 

でもあえて、(今のままでも十分良曲だけども)あえてこの曲にもう少し注文するなら、主旋律を二人じゃなく一人にして、もう一人をコーラス(ハモり)の方がもっと幅があったような気もする。

主旋律:森田、コーラス:三宅、低音:岡田、みたいにすれば、違った味が楽しめると思う。この曲自体が抜群に良曲なので、アレンジ変えて数種類のバージョン(ピアノバージョンとか)作って、髄まで吸い尽くしたほうが良いように思っている。

 

もし生歌でいくなら主旋律を2人にするのも納得だが、コンサートであればおそらく被せにするだろうし、だとしたら主旋律に二人も要らないっていうか。言いたいことはそういうこと。

 

そのあたりのアレンジは今後のコンサートに期待したいところである(CDでも良いよ)