読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

嵐とa Day in Our Lifeについて語る

嵐については今はそんなに興味ないのです(いきなり)ですが、この前の記事スケボーキングについて書いたのでそれ関連で書きます。

 

嵐に最初に興味を持ったのはこのスケボーキングのメンバーが楽曲提供したa Day in Our Lifeなんですけど、ジャニーズに提供されたラップミュージックとしては初めて本格的なクオリティだった気がします。(というか後にも先にもこれ以上は無いかも)

 

売り上げは良かったのか悪かったのか知らないけど、自分的にはこの曲がダントツ1位です。(ほかによく聞いたのはtruthくらいかなぁ。truthも数えられないくらい何回も聴いた)

 

a Day〜を初めて聞いたとき、かっこいいラップ曲だなぁ、と思って誰が歌ってるのかなと思って調べて、嵐だったと知ってビックリしたのを覚えている。

アイドルグループのラップとは思えないクオリティ。さらに調べてみたら制作はスケボーキングだった。知ったときの感想は良い意味での「驚き」と「納得」。

 

んで、スケボーキングの作る曲ってかっこいいなぁと思って色々CD買ったり借りたりして聞いみたけど、あんまし良いのがなかった(だいぶ失礼だなオイ

そのとき聞いたけど今では1曲も覚えてないし。

 

a Day〜はラップ担当が櫻井・相葉・二宮で、メロディー担当が大野・松本なんだけど、あれ変えた方がいいよ、うん。

二宮はメロディー側に移ったほうがいい。声が高いから。

そして大野はフェイクに専念した方がいい。

なんで松本がメロディー側なんだろう。相葉は別にどっちでもいいけどさ。

この曲のラップってそんな人数かけるもんじゃないから櫻井一人でもいいと思うし。

ラップ1人に対して、メロディー4人の方が歌のバランスとしては良いと思う。

商業的には知らんけど。

 

まぁとにかくこの曲きっかけで嵐の曲を聴き始めたわけだけど、今では嵐の曲はほとんど聴いてない。そもそも知らない。

なんか全部同じっていうか似てるっていうか特徴がないっていうか、それシングルで出す必要ある?っていうか。

 

以上です。