読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

HYDEのDEPARTURESについて語る

昨日、年末恒例のMステスーパーライブがありました。

 

自分の中で一番の目玉は、というか唯一見たかったのはタイトルにある小室哲哉HYDEDEPARTURESでしたので、忘れず録画して見ました。

 

CD音源はすでに聴いていたので素晴らしいことは分かっていましたが、ライブバージョンは今回が初めてで、見た感想は

ただただ最高!でした。

音楽を聴いて身体中から鳥肌立ったのは何年ぶりだろう・・・。

 

始まる前は単にCD音源と同じものを2人が演奏するだけと思っていましたが、いざ始まってみるとライブ特別バージョン(半音キー下げ)で、オルガンを織り交ぜた音色と、最後のフェイクもライブオリジナルで、期待値を完全に突き抜けていました。 

背景の装飾を寒色に統一して、さらにはHYDEの冬服といい、目にも耳にもとにかく美しいステージで、改めてテレビができること、音楽の持つ力を感じて、ただただひたすら心地の良い4分間でした(興奮してうまく文章にできない・・)。

その後何回も何回も何回もリピートして見ました。

 

 

色々あったけど小室さんには幸せになってほしいです。

 

この人の奏でる音楽は尋常ではないんです。常人ではないんです。

自分の拙い文章では到底素晴らしさを表現できないのですが、ものすごく端的に言うとキャッチーでありながらシリアルさを含めていて、そのバランスが本当に絶妙なんです。そして歌詞も素晴らしい。

自分は今まで小室哲哉の音楽にどれだけ助けられてきただろう。

 

新たに作曲をするのももちろん良いけれど、過去に作った名曲たちをこうやって色んなアーティストに新たに息吹を吹き込んでもらうのもさらに良いですね。

 名曲は色褪せない。ただの流行曲じゃなかったんだ。

 

そしてDEPARTURESHYDEで良かった。女性ボーカルだったらどうしてもKEIKOの実績と比較されてしまうから。今回はHYDEの良さを生かしつつ、この曲の持つ本来の味を邪魔しない出来になっています。

・・・とは言いつつ今後も別のボーカルで聴いてみたい気もします。

動画サイトに華原のバージョンもありますが自分はどのバージョンも全て好きです。

 

結局この曲が好きなのだから誰が歌っても自分は好きかもしれない。

ありとあらゆるアーティストが本人なりのアレンジで歌ってほしいくらいだ。

それくらい小室哲哉の才能に驚嘆している。

こんな美しいメロディーと歌詞を届けられる人間がいるなんて、小室哲哉は凄いです。

そしてこんな美しいステージを提供してくれた昨日の関係者の方々にも感謝です。

 

その後も感動褪めやらず、このDEPARTURESについてググってみたら意外にも「イマイチ」みたいな感想もありました。人それぞれ感じるものが違いますもんね。

 

とにかく小室さん、HYDEさん、ありがとう!!