雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

Mステで亀と山Pを見た

久々のブログ。今年になって初めて書くみたい。なぜなら・・・全然興味のあるジャニーズネタがないから!

 

最近といえばですよ、過去にあったような名曲も全然現れなければ(駄曲ばっかだし)、輝いたジャニーズJr.もおらず(ブスばっかだし)、いったいどこに興味を持てばいいというんだ。今思えば「ハピラキ」とか「愛は味方さ」とかが発表されていたときは幸せだったな。デビュー曲になってもおかしくないくらいのクオリティだったのに・・。

 

んで、Mステもひっさびさにっていうかテレビ自体をひっさびさに見たわけよ。亀梨と山下が再び共演と聞いて。

感想といえば新曲のほうはとにかく「普通」。可もなく不可もない、毒にも薬にもならない、まずくはないけどおいしくもない(もうええわ)、とにかく普通感満載としか言いようがない。でも青春アミーゴが売れすぎてハードル上がりまくってたから、こういう無難な曲っていうのも仕方ないかなとは思った。

 

ただですね、アンサーソング?っていう方の曲。これはめちゃくちゃダサい。聞いてて恥ずかしくて途中で見るのやめた。

個人的な意見として、アンサーソングって元の曲にあんまり絡めないほうが良いと思う。どうやったって元の曲を超えられないわけだし、変に近づけようとすると妙な制限かかってダサくなるのは目に見えてるから。

「Real Face」と「君の夢、僕の夢」くらいの関係性がベストと思う。そこはさすがスガシカオですね。

 

あとみなさん大好物のバックダンサーについて触れないわけにはいかないでしょう。

今回のバックはブス代表のスノーマンと、イメージ悪い人の兄弟メンバー擁するストーンズでした。

 

なんでやねん・・・。

 

なぜここでイケメンを使わない。いや本人たちのスケジュールとか細かいことは知らん。でも週末のゴールデンタイムですよ、奥さん。なんで永瀬廉とか使わないの。まじで意味わからない。

ダンスの質とかでの人選かもしれんけど(そもそも自分は永瀬はダンス別に下手と思ってないが)、一般人にとってそんなにダンスの質は重要視されてないし、というかそもそもそんなにダンスの違い分からないと思う。自分もそうだけど。しかもスノーマン、ストーンズ以外のちびっこJrのクオリティもどうなってるんだ一体。

 

いやいやイケメン使おうよ。いないんだったらともかく、いるんだし。

ジャニーズは顔じゃないっていう意見もあるだろうし、確かに顔だけじゃ芸能生活やってけない部分もあるけどさ、テレビなんだし単純にイケメン見たいでしょ。これぞジャニーズJr.っていうさ。タッキーとか山Pとかが出てきたときみたいにさ。ジャニーズのあの透明感はいずこへ・・・。

 

だっていまどき面白さ求めてるんならYoutube見ればいいわけだし。別にYoutuber面白いと思ったことないけどさ。(そういえばYoutuberで思い出したけど、なんでYoutuberって総じてブサイクばっかなんですかね。ブサイク限定の鉄の掟でもあるんですかっていうくらいまともな顔いない・・。なのにコメント欄でイケメンとかチヤホヤされてる人もいてビビった。あんなんだったら近所のにーちゃんのほうがよっぽどイケメンだろっていう。なのでほんとにキモいのでオススメ動画に出てこないでほしい。サムネイルで大抵「○○で大爆笑」とか書いてあるけど、いやいや大爆笑かどうかは視聴者側で決めますからっていうね。ま、単に子供ウケがいいのだろう。)

 

Mステで思ったのは女の方のアイドルもブスばっかだし(これでアイドルだと?と思った)、世の中のイケメンとかブサイクとか美人とかブスの感覚ってなんか変わってきてんのかもしれない。自分の感性が時代とずれてきたのだろうか・・・。

でも自分は別にイケメンが良いとか美人が良いとか全然思ってないんですよ、本当に。どっちでもいいんです。人の魅力って中身なんで。これはまじで言っておきたい。

 

ただ! 歌番組ではザ・ジャニーズを見たいんです。あくまでショーなので。ザ・ジャニーズが名曲を歌うのを見たいだけなんです。

 

なのにジャニーズのCDデビューは今後減る方向みたいなニュースもネットで見たし、いやいや、だったらなんでなにきん解体してMr.KING作ったんだよっていう。なにきんのままで良かっただろっていう。

海人だってセクボのままでも良かったと思うし。海人はわりと誰でも合わせられるタイプなんだし。

 

というわけで自分の興味はどんどんジャニーズから離れていくのでした。かといって自分は別にイケメンに興味があるわけでもないので最近の俳優とかも全然知らないしエグザイル系とかも知らない。そもそも彼らをイケメンだとすらいう認識もない。自分はイケメン好きなわけじゃなくてジャニーズが好きなだけなので。

 

よって自分はただの元ジャニオタとなりつつあるのでした。