雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

今更だがカップヌードルのCMを見た(青春)

魔女の宅急便のキキが出てるCMがあると聞いてカップヌードルのCMを拝見しました。怖いもの見たさもあって(というかそれしかない)

 

感想は、、、期待を裏切らない駄作っぷりだった・・・。

 

だっさ。・・・果てしないダサさ。突き抜けたダサさ。アルティメットださい。ネバーエンディングださい。(もうええわ)

製作陣にはセンスもプライドも感じない。

なんか「こうやって作っとけばどうせウケるんでしょ」みたいな下心見え見えの作品。

最近よく見るキラキラ絵タッチにバンプだかRADWIMPSだかそこらへんのああいう感じのBGM付けて青春っぽくしとけば良いんでしょみたいな。

 

何を作りたいか、ではなく、何が売れるのか、から逆算して作られている。

 

こういう作品は大抵寒い。「君の名は」しかり。売れようとして作られた作品はなんかこう胸打つものがないというかメッセージ性が皆無というか。まぁ実際メッセージなんてないからなのだが。売り上げしか見てないので。その売り上げもただの宣伝によるゴリ推し効果だし。

 

青春の押し売り、いらねー。

 

何よりも一番寒いのはタイトルに「青春」と付いているところ。製作陣の頭の中にある「青春」ていうもののイメージが貧相いわゆる青春テンプレしか発想できないことを視聴者に押し付けられた形。いやいや、青春かどうかは見てるこっちが判断しますからっていうね。

 

最後の「アオハルかよ」もね。・・うん、すごく、いいと思う。