雨レインボー

ジャニーズについて語ることもある

おじゃMAPを見た。

おじゃMAP(草なぎ出演回)を見た。テレビを見るのはスマステ最終回以来。自分は別にSMAPだけが異常に好きというわけではないのだが、なんかそれくらいしか今のテレビで見たい番組がないだけ。

 

だってさ、クイズ番組とか今の時代に誰が興味あるのか純粋に疑問。くだらないクイズに頭悩ます時間あったらググった方が早くね?と普通に思う。このご時世に「物知り」とかなんの意味があるのだろう。林先生?とか東大生とかテレビによく出てるっぽいけど全然意味ないと思う。いくら知識があってもその知識をどのように混ぜて自分なりに新しいものを生み出すのかしか今の時代には価値がないよね、、、、とおじゃMAPから話が逸れてしまった。。。

 

すでにいろいろなところで感想は書かれているし自分も同じようなことしか思わなかったのであまり書くことはないんだけど、めっちゃ面白かった。見てよかった。

スマステ最終回は、自分はグルメ情報とか全然興味ないので最後のところしかちゃんと見なかったんだけど今回のおじゃMAPは録画しておいて2回見た。2回見る番組なんてなかなかない。それくらい面白かった。

 

あの特攻感はツヨシにしかない能力よね。

慎吾の家に行く、炊飯器ごと借りる、借りたしゃもじごと食べる、駅前で踊る、ダサい曲を真剣に歌う

これらすべてをまったく嫌味なくできてしまうところがスーパーアイドルたる所以だと心底思った。高級車を乗り回しても高級な服を着てても嫌な感じがしない。

 

たぶん車も服もギターもそうだけど、本人に強いこだわりがあって好きというのが見てる側に伝わってくるから嫌味がないのだと思う。

もしその「高級な車」がただの最新モデルの車だったり「高級な服」が意味不明に高いだけのブランドとかだったりしたら、そういう趣味も「他人への見せびらかせのための趣味」と嫌な感じがしてしまうけど、ツヨシに関してはそういうのじゃなくてなんか本当に素敵なお金の使い方だなと思える。ああいうお金持ちにヴィンテージギターやジーンズや車は買われてしかるべきだと思うし。価値を分かって大事にしてくれそうだし。

 

駅前のダンスも良かったですね。あれだけの大雨のなかで偶然通りかかった多くの人々を笑顔にできるというのは素晴らしいですよね。誰かを傷つけることなく人々を笑顔にできるというのがやはりSMAPの醍醐味というか。。。

ああいう感じでよくあるYouTubeだと大抵は悪目立ちして誰かをドッキリでハメたりして無理やり笑わせにかかったりというのがよくあるパターンですけど、まぁそういうのも子供のうちは面白かったりしますけど、ある程度大人になるとくだらなく感じるし全然面白いとも思えないし。

 

そもそも「笑い」ってのは「笑わせる」ものじゃなく今回のツヨシや慎吾のように見ていたら結果的に笑ってしまったというくらいのほうが本来の「笑い」に近い自然な姿だと思います。人を「笑わせる」のも立派な技術だとは思うけど、自分はそういうのは見ていて疲れるだけなので今回の2人のほのぼのした笑いくらいが合ってますね。

bayfmラジオ収録で、ツヨシが漢字とか英語とか読み間違えまくるのも微笑ましかったです。クイズ番組のテレビ用ビジネスお馬鹿タレントは見ていてウンザリするけど、ツヨシみたいなああいう普通のお馬鹿感だと微笑ましく見えてしまうのもアイドルだなぁと。あれくらい読み間違ってくれたほうが逆に親近感湧いたりもしますし。

 

最初から最後までツヨシのぷっすま級フリーダムに対して、慎吾やザキヤマがツッコむのがとにかく面白かったです。

 

ゴロチとヒロくんの「ザ・お金持ち旅行」とかもいつか見てみたいですね。