雨レインボー

ジャニーズについて語っていたこともある

石井紘基という人物(真の武士)をご存知だろうか? 真犯人をあばいていきましょう。

幸いにもこのブログはモンゴル相撲の記事によって読んでくださる人が増えました。この記事を書くまではずっとジャニーズの記事を書いていたのにどうしてあのとき急にモンゴル相撲の記事を書こうと思ったのかを振り返ってみたいと思います。ちなみにこのブログのアクセスの99%はこのモンゴル相撲の記事ですw。

 

あのニュースは最初たしかネットで(文章で)見たと思うのですが、おそらくテレビ(映像)で見ていたらなんにも思わないで私もスルーしていたと思いますし、当時巷ではまだ貴乃花に対する批判が多くて八百長を論じる意見はほとんどありませんでした。でもあのニュースを文字だけで読むとやっぱ変な感じがしたんです。だってスマホいじっていたくらいで激高して大怪我させるって仮に酔っていたとしてもおかしいですよ。逆に酔ったからこそ本性が出てあそこまでの怪我をさせたと考えるのが自然です。そこで2ちゃんだか5ちゃんだかにそのことを指摘する書き込みにたどり着き納得でき、それをこのブログに転載させてもらいました。

 

ではなぜこのクソブログの相撲記事に注目が集まったのか? それはやはりみんな真実を知りたいからだと思うんです。嘘、偽りの報道にもううんざりしているからこそ真実に飢えているんだと思います。私もそうですし、、、、であれば、私が多くの人に一番知っていただきたい事件の真相を暴いていきましょう。それは2002年の石井紘基氏の刺殺事件についてです。

 

まず殺害された理由ですが間違いなく原発関連です。当時、石井氏は他にもたくさんの日本の闇を追究していたため今でも殺害の理由がいろいろ挙げられていますが、理由が原発であることだけは断言します。たしかテレビ番組で原発についてなにかコメントしていた矢先に刺殺されたんです。すなわち、闇の勢力にとって原発の追及だけはなんとしても避けたかったということになります。闇の勢力の思惑としては特別会計を利用して原発による莫大な利益を得たかったのですが、石井氏の追及によって世間の原発に対するイメージが悪くなったり世論の反発があっては困るというわけです。

 

では次に誰が犯人なのかをあぶり出していきましょう。

刺殺犯である通名、伊藤白水(在日朝鮮人である尹白水)はあくまでただの実行犯であり内情を知るはずもありません。在日朝鮮人であることからその雇い主は所属するヤクザ団体ということなり、であれば誰がそのヤクザ団体に殺害の依頼をしたのかということになります。

ヤクザはカネを貰って殺害するわけですからそのヤクザに多額の金銭を支払ったのは誰かということになりその人物こそが真犯人というわけです。ヤクザに多額の金銭を払ってでも殺害を依頼するということは、石井氏が殺害されればヤクザに支払う金額よりも間違いなく多額の恩恵を受ける人物が真犯人ということになります。犯罪の規模から言って個人ということは考えにくいので団体が濃厚な線でしょう。

 

そこで石井氏が殺されることによってダイレクトに恩恵を受ける団体は3つ考えられます。日本政府(通商産業省)、日本の電力企業、日本の原発企業です。というかこの3つの全てが真犯人です。人物で言うならば当時これらに勤務していた上層部のメンバーということになります。この3つを取りまとめていたのは誰かということになりますとあえて言えば日本政府ということになるでしょうか。では日本政府はどうしてそこまでして原発利権を守りたかったのかというとそこにはアメリカの圧力(日米関係)が関わってきますが、このあたりまで行くともうだんだん犯人が霞んできてしまうのでとりあえず犯人は日本政府、日本の電力会社、日本の原発企業の人間でいいと思います。関わったメンバーが多すぎると情報漏洩の恐れがあるため、できるだけ少ないメンバーで決定を下したはずです。おそらく5人以内ですべて当時5,60歳くらいの人物でしょう。そしてこれは15年前の事件ですのでその5人はまだ生存しているはずです。

 

つまり日本の政治家、官僚がヤクザに依頼して日本の政治家を刺殺させたんです。日本こわいっ!!

そう、ヤクザってこういうときのために存在してるんですね〜。なんでヤクザなんて存在しているんだろう? どうやって稼いで生きてるんだろうって疑問に思う人もいますよね? こういうカラクリなんですよ。

 

実行犯である尹白水は報酬が4500万円であったことを後に語っています。ということは尹白水が所属するヤクザ団体に対しては少なくとも4500万以上が支払われたことなります。これを含めて殺害にかかる経費がおよそ1億だったとしてそこに報酬が4億くらいは上乗せされるはずなので、計5億くらいがヤクザ団体に支払われたと考えるのが妥当な線でしょう。

 

では次に、その計5億円ってどこから出てきたのかを考えてみましょう。

犯人が日本政府の場合、我々日本国民の税金です。

犯人が日本の電力会社の場合、我々日本国民の公共料金です。

犯人が日本の原発企業の場合、これも我々国民の税金です(原発通産省だから)。

 

つまり誰が犯人であったとしても、石井氏が刺殺された一番の原因は我々日本国民全員だったのです。ガーン!

 

そしてこの構図ってなにかに似てませんか? この記事で書いたように世界に武器をばらまいているのは我々日本国民であると。

 

ただただロボットのようにあくせくと働くことだけを美徳とする日本人の精神性は、その納めた莫大な税金によって世界中に武器をじゃんじゃんと提供するばかりか、日本のために命をかけて戦ってくれる石井紘基氏のような武士までをも殺害させてしまう凶器へと変貌するのでした。

そしてその結果、日本には武士が存在しなくなり日本は衰退の一途をたどるのでありました。自業自得っすね。いやはや、もう日本人の無知には呆れ返るばかりです。

 

日本の武士を日本人が守らなくてどうするんですか! 日本人全員がいつまでも一億最下層の状態で生かされ続けているのは、石井紘基氏だけでなく日本のために散っていった今まで多くの人々を正当に評価し続けないからです。彼らが亡くなった後、彼らの死を無駄にするもしないも生きている我々にかかっているんです。我々が正当な判断をしないからこそ新たに武士、侍が生まれにくくなっているんです。ですから次にそういった人物が誕生したときは、日本国民全員が全力で見張り守らねばなりませんよ!