雨レインボー

ジャニーズについて語っていたこともある

愛国心をまんまと利用されて戦争へと導かれる民衆

筆者はかなり日本好きである。だからネットによくある中韓批判をしている人たちの気持ちをわりと理解できる。事実北朝鮮のミサイル、韓国による竹島の不法占領、支那による尖閣の領海侵犯、ロシアによる北方領土の開発。たしかに隣国はどこも日本の領土を侵略してきており頭のおかしい連中ばかりが存在していて非常に嘆かわしい。それはたしかにそう。

 

でもだからといって昨今の、とにかく戦闘機などの兵器を揃え軍事力の増強をすればまるで日本という国が強くなっているかのように勘違いしている連中の発想、思想は馬鹿すぎるとしか言いようがない。そういう人間に限って「日本人は平和ボケ」だなどと言い、あたかも自分は危機を把握しているぞというようなアピールをする。たしかに日本はボケている部分もあるが平和だからボケているわけではない。平和であることでボケてしまうなら定期的に大戦争がなければ人間はボケてしまうとでもいうのだろうか。

 

武力を語らない人間は平和ボケだなどいう短絡的な発想で得をするのは、常に世界中を悲惨な状況にし続ける軍産複合体、国際銀行家たちであること、そしてこれこそ彼らによる意図的な扇動であることを忘れてはならない。もともとは何もいざこざのない近隣諸国の間にわざと問題を起こさせて戦争をさせるのは彼らの常套手段なのだ。現代の日本人の多くはまさにその罠に引っかかっている。だからアメリカから超高額(というかただのボッタクリ)のミサイルを購入して浮かれている。そんなもんはどうせイザってとき役に立ちません。

 

じゃ、じゃあ隣国の侵入に対して黙って指をくわえて見てろって言うのか!って反論する人もいるかもしれませんが、そんなこと言う気はありませんむしろ日本に対する他国の侵入は絶対に許してはなりません。しかしながらそうなってしまっているのは実は我々日本人が無知無関心だからなのです。今からそれを説明します。

 

まずは隣国が日本の島や海や空を侵略していると見せかけて実はそれは単に軍産複合体の指示によるものである可能性を疑いましょう。もちろん誰がどういう意図で侵入してきているのかは明確には分かりませんが、歴史を振り返ればそうやって過去何百年も人類は戦争へ幾度となく巻き込まれてきたのです。戦争という、勝っても負けても罪もない一般人が多く死に街は破壊し尽くされるイベントに本当は勝利国など存在しません

唯一勝利したと言えるのはその戦争を裏でわざと引き起こし双方に武器を売りまくる軍産複合体、国際銀行家のみ

 

現在においても日本はせっせとアメリカから無駄なミサイルや武器を購入し米軍に多額のカネを支払っているが、その資金源となっているのは裏で多くの日本人が目的意識を失ってまでも延々と働いて過労死するまで疲弊しているからであり、こうした状況下において正常な判断さえもできない知識、思考力となってしまっている。だから家庭は崩壊するし学校でも仕事場でもいざこざが尽きない。なぜなら日本がアメリカから強いられている無理な条項によってその余波が一般人である我々に浸透しているから。

 

理由の分からない閉塞感にイライラし行き場の無い不満は民衆を戦争意識へと駆り立てる。しかしその閉塞感も軍産複合体による意図的なものなのです。

 

軍産複合体がカネのやり繰りに困った場合それを解決する方法は彼らにとって二つしかありません。テロと戦争です。そのために経済的に世界中をジワジワ貧困へと追い詰めていき戦争への気運を高めていくのである。もしくは一国の大統領や首相、王室、皇室を暗殺したりしてそれをマスメディアを使ってどこか別の国のせいにし(多くは隣国のせいにする)、国民が一気に戦争へと向かうように仕掛ける。あなただって陛下や総理にもしものことがあったら黙っていられないでしょう? そうやって軍産複合体は民衆の愛国心を利用し戦争気運を駆り立てていくのです。

 

このように経済的に追い詰めたり意図的にテロを引き起こしたりして、その後メディアを使って罪もない国々の対立関係を煽り、本来は友人関係であったはずの隣国は突如敵へと変化する。両国やその周辺国は戦争に巻き込まれていき武器は飛ぶように売れ、軍産複合体、国際銀行家の不良債権は一気に解決する。これらの一連の流れはまさに一部の極悪人どもによるシナリオ通りなのである。もう何百年と同じ罠を人類は仕掛けられており、いい加減この事実にみんなが気づいて奴らを世界から駆逐しなければ一般民衆は死ぬまで一生、抜け出せないこの無限ループの仕組みの中で飼われているだけなのです。

 

こんなことをもう人類は何百年も何度も繰り返してきているにも関わらずテレビは一切このことを報じない。報じられるわけないでしょう。

また地上波テレビが本当のことを言わないと文句を垂れながらネットの中で自らを保守と名乗って外国製のミサイルの購入を歓迎している馬鹿どももただ愛国者を気取りたいだけであり、どちらも目くそ鼻くそのなんも分かっていない超絶大馬鹿野郎たちなのである。

今まで日本が米軍に何十兆、何百兆とカネを払ってきたからこそその資金によって世界中に武器がばらまかれて悲惨になっている現状も知らないで、ネットだろうとなんだろうと要は保守と名乗って自分の愛国心をアピールしたいだけなのだ。そもそも右翼、左翼なんてものは存在しない。保守、リベラルもない。我々はいつもそういう対立構造のなかに意図的に陥れられているだけ。

 

我々には二つの選択肢しかない。軍産複合体、国際銀行家たちによって飼われることを黙認し自分たちの生死さえも奴らに決定されることを容認するのか、それとも民衆が力を結集させて奴らと徹底的に戦うのか、だけ。たしかに敵は存在するのだが敵国など存在しないのである。

 

本当に自分の国を愛しているならば自分たちの国でミサイルを作り、そのミサイルをあくまで平和のための抑止力として保持するというのならば筋が通っている。だが、米軍に莫大な金額を何十年も支払っているからこそ自分たちがいつまでも戦争、侵略の脅威にさらされているということを分かってない日本人が多すぎる。現状の日本は自分たちの稼いだカネをアメリカに渡してアメリカ民衆が兵器を作り、その兵器をまた買わされるという無限ループの中にある。わざわざ隣国そして世界中に兵器を作らせているのは実は我々日本国民の経済力なのである。

 

こんな簡単なカラクリに気づかないでただひたすら働かされて疲弊するだけの日本人、終わってる。

だから日米関係を修正しない限り、なにひとつ解決なんかしないのだ。これらの事実を知っている日本国民があまりにも少ないから今の議員、閣僚、官僚はアメリカにビビって何も言い出せない。世論が政治家を臆病者にさせてしまい、その結果世界中で戦争資金が尽きないのである。

 

だが逆を言えば、日本人が気づきさえすえば世界の紛争は終わるのだ。結局は我々ひとりひとりがこの事実に気づくしかないのである。