雨レインボー

ジャニーズについて語っていたこともある

沖縄の基地

今回の沖縄選挙は自公がかろうじて勝利したということで辺野古の基地建設に向けた動きが今後活発になると思われますが、辺野古の基地なんてあってもなくても日本の防衛力にはほとんど変わりないと思います。

 

たぶん自公を推してる人は、沖縄の怪しいプロ市民団体や中国への擦り寄りが気味悪いと思っているでしょうし(筆者も思っている)、基地がなくては尖閣や沖縄を中国の脅威から守れないと思ってるでしょうが、辺野古の基地に賛成したところでその問題は解決しないし抑止力にすらならないと思います。だって辺野古の基地完成って十年以上先なんですし。

 

そのころにはアメリカ合衆国が存在しているかどうかも分からないし今の中国だって一枚岩じゃないのでいつ崩壊しても不思議じゃないし、世の中の様子が大きく変わってると思います。

 

もちろん筆者も野党の親中っぷりは気持ち悪いと思っていますが同じように自民の親米っぷりも充分気持ち悪いですし、どちらにしても辺野古の基地建設は無駄金と無駄な労力になると思います。美味しい思いをするのは基地の建設にかかわるごく一部の人と米軍、米軍の言いなりの自民くらいではないでしょうか。もしかしたら米軍すらもそこまで辺野古に期待してなかった可能性もあります。

 

ですのでその美味しい思いをするごく一部ではない我々は、辺野古の基地建設の加わったさらなる税金で生活は圧迫されて毎日アホみたいに働かされますし、観光業がメインである沖縄の綺麗なサンゴ礁の海は破壊されるという、別に誰も得しない結果となってしまいました。

 

もはや基地だの軍だのっていうのは、ただの脅しビジネスですね。中国とアメリカが裏取引している可能性だってありますし。よって、諸外国の侵略やミサイルなどの脅しはひたすら無視して日本は自分たちだけでせっせとミサイル作ったり基地作ったりしてたほうがよっぽど防衛の効果があると思います。あとは沖縄から外国人を追い出すとかね。

 

でもそんな簡単なことですら今の日米関係だと無理なんだよね。。。